「応援され力」を磨く

 

昨夜は、男女共同参画計画推進協議会でした。

いよいよ一期も大詰めで、報告書がカタチになってきました。
多様性を、認め合い活かし合う社会へ…
行動変化は少しずつです。

さて私、委員になるまでは、
夜の外出はほとんどしたことがありませんでした。
それが、少しずつ、変わってきました。
夜の会議に参加出来るのも、子どもたち含め家族皆んなの協力のおかげです。

 

「ワンオペ育児」から抜け出す

女性、特に主婦が活動する、はたらくという時、
一番のネックが
育児や家族とのやりくり。

 

これ、私も散々悩んできました。

 

家事育児が得意で
お料理に腕をふるい、子どもとの関わりを上手にされて
妻はお仕事へ…というパートナーシップのご家庭も多く見受けられます。

でも、「やりたくてもできない」「仕事、職場の都合で難しい」
そんな夫も多いですね。

 

ウチの場合は、夫は土日休みも仕事の職場、
家事育児のやる気はあっても実際はほぼいない。
仕事と家庭の板挟みに追い詰められてストレスになる…ということがあったのです。

私は、ワンオペ育児に疲れて
「仕事なのは、わかるけど…なぜ私ばっかり」という気持ちが少なからずあり、なかなか歩み寄れませんでした。

 

何が問題か?

「頭ではわかるけど」、という場合
うまく行動できていないことが多いです。

この場合の行動は、コミュニケーション。

お互い「わかっている」と、勝手に相手の都合や気持ちを推し量ってコミュニケーションをないがしろにしていました。
そのあげく、一人で全部背負込むことになっていました。

 

現実は、そんなこと無理です。

「ワンオペ育児」と思っていても、

気づかないところで
夫、両親や地域の人たち、先輩、ビジネスパートナー、友人知人、
社会に助けられて生きている。
仕事をさせてもらっているのです。

その状況が見えていなくて、勝手に
「助けてもらうとは申し訳ない」罪悪感を抱いていたのです。。
単に気づかなかっただけなのですが
気づかないとは、恥ずかしいものです。

 

応援してもらうための、3ステップ

 

① 一人で背負込む意識をやめる

② 自分ができること、できないことを知る

③ できないなら、協力をおねがいする

これは、夫だけでなく
子どもたちにも関わってもらいます。

やってみると、意外と簡単。

気持ちも楽になって、感謝とともに
仕事や活動に専念できる。
メリハリがつく。

お願いするって大事だな。

と感じています。

 

 

「応援され力」を磨く

さて、次のステップとしては、
応援され力をもっと磨いていこう!ということ。

感謝の気持ちや今の想い、関わってもらいたいという気持ちは、
相手に伝わらなければ意味がありません。

↑ここに、イメージコンサルのスキルが役立ちます。

これは、家庭だけでなく
個人事業主としても、ビジネスパーソンとしても
PTAや地域活動でも大事だなと感じているのです。

何かと言うと、
「信頼感」ですね。
この信頼感をどう見せていくか?

これは次回にお伝えしていけたらと思います^^