「好きなことを仕事にする」にこだわりすぎなくてもいい

ルスリールでは
〜自分らしく仕事も暮らしも充実させていきたい〜そんな方を日々支援しています。

 

こうお伝えすると時々、

起業をオススメしているように思われたりもするのですが
実はそうでもありません。

「好きなことを仕事にするのが幸せ」という価値観も、(そうだと実感していますが)
それほど強くはありません。

 

私はもともと「子育てに専念しよう」と、出産と同時に退職しました。
その時、まさか自分が起業するとも思いませんでした。
また、ファッションや色は今でこそ好きですが、、もともとは苦手意識があり
「自分はセンスがない」、とずっと思ってきました。日々ファッションや色と接する中で
それが日常の一部となり、手や足のように馴染んでいった。。という感じなのです。

周りで活躍されている方々、色彩関係の先輩の姿をみて
感じることは、「起業する!」「好きなことを仕事にする!」と思い成功しているというよりも
日々の仕事に打ち込み、自分を成長、磨いていくプロセスを経て
結果、起業に至ったり、好きなことが仕事になっていると思います。

 

「自分らしく生きる」を目的に

「起業」「好きなことを仕事にする」が目的ですか。
「自分らしく生きる」ことが目的ですか?

お客様で、
悩まれて相談しにいらしたり、周りと比べて自信をなくしてしまっている方もいらっしゃるので
私は「こだわりすぎなくてもいいですよ」とお伝えしています。

「起業」や「好きなことを仕事にする」ことを目的にしてしまうと、、
安定的な収入を手放してしまったり、なんとなく好きなことを仕事にして
思っていたのと違う、と苦痛になってしまったり、、ということが出てきます。
そして夢を諦めてしまう。

「自分らしく生きる」を目的にしていると
今ある仕事を大切にして、自分を活かし、楽しむ方法を見つけたり
お金にならなくても研究をし、情熱を持ち続け才能や経験を磨いていくかもしれません。
私のようにずっと苦手だと思っていたことを仕事にするかもしれません。

 

 

流れに身をまかせる

実は、自分のことは自分では分かりにくいのです。

得意なこと、できること、好きなこと。
様々な視点で自分を客観的に見てみる。

これは私がとても苦手なことでもあって、
長年、「苦手だから」、「まさか私が」、とチャレンジもせず
自ら自分の可能性を狭めてきてしまっていました。

 

 

そこから脱するきっかけは、、

 

「子育てしながら新しいことを始めたい。」
「社会とつながりたい」と模索し
「何が私に向いているのだろうか?」と悩んでいた時

 

あるセミナーで
『プランド・ハップンスタンス理論』に出会いました。

これは

キャリアは予期せぬ偶然な出来事によって形成されるという理論です。

綿密に自己分析し、プランを立てることも必要で、役立つことでもありますが
それだけじゃない部分がある。
不思議なご縁、チャンスがキャリアを形成する

というような話を当時聴いて
薄々感じていたので、
びっくりしたと同時に心が軽くなりました。

今までの自分を振り返ってみると、
思わぬ方向に導かれていた、自分でもコントロールできないものがあると感じていました。

そして、だからこそ、
「今ある環境、自分を最大限活かそう!」と思い

何度も自分を振り返り、少しずつ自分の軸が定まってきました。

 

今では、私自身も
「自分スタイルのある人生」を創っていけたらいいなと
目の前に広がる道を発見しながら、ご縁にワクワク。

好きなことを仕事にしたい方、
自分らしい働き方をしたい方、
仕事も暮らしも自分らしい毎日を送りたい方のサポートをしています。まさかこういうことをするとも当初思っていなかったのですが、これが自分の道。振り返ると道ができる。

 

もし今、キャリアプランをしっかり立てないと!と模索して
なかなか身動き取れない、行動できない、、と悩んでいらっしゃるなら

「どんな環境でもいい」、

「今の中で自分を活かそう!」と思うことが出来れば
なんとなく気が軽く、一歩踏み出せそうな気がしてきませんか?

まずは行動してみえてくることもあるものですね。

 

「やりたいことあるでもなかなか行動できない。。」
「これでいいのかな?」
「一歩踏み出す勇気が欲しい」

 

ルスリールのワンタイムセッションでは、
未来ビジョンを描くセッションも行っています。
ぜひいらしてくださいね。