家庭優先のはたらきかたは可能か?

新しい仕事をお休みして、朝からPTA,地域イベント、夜は男女共同参画推進委員会。。
と朝から会議が盛りだくさん。

どれも私にとって大切なのですが
やっぱり、、仕事を休むのは気が引けます。

 

果たして、

 

時短で家庭優先のはたらきかた

そもそも可能?
できるなら、どのように実現できるか?

それがチャレンジでもあります。

 

それができるのも、
会社、地域、家庭の理解や協力のおかげ。
皆んなが幸せになる方法を探しています。

家庭の様子や仕事内容など、それぞれなので
一通りの「正解」があるわけではありません。
自分の中で折り合いをつけていくしかない。。という感触。

さながら綱渡り。。

ある意味
「やらないほうが安全」「ラク」でもあります。

 

さて、

PTAでは時期メンバーのスカウトに苦戦中。
また、高学年小学生ママからは、仕事とお金の話がちらほら。

いざ働こう、(PTAであっても)新しい活動をスタートしようというときに
自分にできるのだろうか?
何かを犠牲にしてしまうのでは?と悩む声が聞こえます。

 

 

共同参画の会議では、先日開催された
「介護離職」が話題になりました。

 

子育て、介護、家族や自分の時間

どれも大切なのは明らか。

 

 

その上で

どう回していくか?が課題です。

 

 

みなさんはどうお考えですか?

私は出産退職した後
ほぼ一人で2人の育児でした(ワンオペ育児かな。。)

その中で自分ではたらく道を選んだのですが

子どもたち、病気になるわ、送り迎えはあるわ、、
一人では限界がある。

そんなとき、

若いおにいさんやお姉さん、おじさんおばさんたちの
地域の方々の見守りや応援がとても心強く
「やっぱり一人じゃ無理!」と声をあげたことが一番の転機です。

 

地域で子育てや介護の雰囲気も助かります。

そしてお互い様の精神で
一人一人が自分らしさを発揮できる心地よさが広がるといいですね。

 

感謝と共に、、地域や家族、仕事に貢献してまいります。

 

帰ったら寝ていた、娘からのお手紙〜

 

 


心地よい「はたらきかた」「生き方」をデザインしよう

  • 自分の持ち味、強みってなに?
  • どんな仕事がいい?
  • 子育てとしごとのバランスは?
  • 地域との関わり方は?

一歩踏み出すための、カウンセリングをおこっています。

→ ワンタイムセッション
→ はたらきかたセッション

そのほか、「ママごこち」「輝くママ応援プロジェクト」を開催しています

地域と子育てとはたらきかたを考える記事