ビジネスもプライベートも充実している魅力的な先輩の共通項

 

 

先日は誕生日を迎えました。

気持ちはまだまだ30代、でもすっかり40代ということで

なんだか置いていかれたような?不思議な気分です。

と言っても

別に30代だからどうとか、40代だからどうっていうわけでなく。

自分に喝をいれつつ、

「今」を思う存分満喫しよう!と。

 

さて、

「歳を重ねることで見えてくる世界」って

ありますね。

 

今回は、あらためて「魅力」について考えてみようかと思います。

 

 

心や身体、見た目の「若さ」は魅力。

 

「若さ」は、ポジティブさや行動力、肌のハリや姿勢などに表れます。

歳を重ねても失いたくないこれらの「若さ」。

自然の摂理では知らずのうちに衰えるものですので、

特に姿勢や身体、肌、髪のメンテナンス、

そして心の方向性には

意識やトレーニングが必要。

積み重ねでもあり、やっているかやっていないかで

10年後に差がつきます。

一方

 

40代、50代、60代、70代、、

歳を重ねることで身についてくる

「深さ」や「余裕」「味わい」も魅力です。

 

「若さを備えていたい」と願う一方で

子どもの頃から、古典映画の影響が大きかったのか、

「熟女」「ダンディーな男性」(熟男って言うのかな?)に憧れる私。

「早く40代50代になりたい、それまでは修行」と日々過ごしてきました。その頃のイメージと比べ自分はどうかな?と思うとまだまだ、、未熟者、修行中。としか思えません。(笑)

 

 

 

「歳を重ねた魅力」は自分次第

 

「若さ」は先に述べたようにある程度の型があるように思います。

一方「歳を重ねた魅力」は未来の話なので

「どうなるか?」未知数。

 

答えがないし

人それぞれの個性がより際立ち花開くもの。

答えは人の数だけあると感じています。

 

 

幸いにも仕事で出会う方、地域でのご縁で

「そうなりたいな」「そうありたいな」と感じる

素敵な女性や男性と出会うことが多いので

ビジネスもプライベートも充実、活躍している魅力的な

人生の先輩方(40代〜80代)の共通項 を僭越ながら、、ピックアップ!

 

*いうまでもなく、(地位や実績が凄いこと=素敵)ではなく

 人間性や生き方が尊敬できるという基準です

 


魅力的な人生の先輩方(40代〜80代)の共通項

 

  • 過去の栄光にとらわれず常に「新しいことにチャレンジ」している。
  • 行動やレスポンス、メール返信、仕事が早い。

〜お会いするたびにこちらが発見、刺激を受けます。

 

  • お肌ツヤツヤ、ハリがある笑顔が素敵。
  • 健康的で、エネルギッシュ。
  • 見た目がものすごく若い!そして清潔感がある装い。

〜姿勢がいいし、声にハリがあります。オーラも。

 

  • 偉そうではなく、謙虚な姿勢。
  • 若い人、弱い立場の人から学ぶことを厭わない。
  • 人の好き嫌いがなく、人を育てようという心の器が大きい。

〜フレンドリー、安心感、信頼感があります。うさんくさくない。


 

皆様、個性豊かなお仕事、生き方をされていて

いろいろあるなあと思いつつも、結局こんな感じにまとまりました。

 

 

先輩方の共通項は「若さ」の魅力を努力で保ちつつ

学びや経験を血と肉にし

歳を重ねたからこその魅力を備えて周りに貢献している。

与える姿勢。

 

単に表面的に

若々しい外見や行動をするだけでは

「若見えメイク」「若見えファッション」若作り〜嫌味な人? 痛い人? に見えてしまいます。

 

自分の経験や持っている力を

人を独占したり囲い込んだり、自分の弱いところを補完するためエゴに使うのではなく

小さくても「自分なりにできること」を

「活かそう」、「貢献しよう」、「シェアしよう」という精神がありそのあり方が

見た目(肌、ツヤ、ハリ、瞳の輝き、姿勢、声、服装)にあらわれ、自分のメンテナンスにつながっています。

 

 

内面と外見はつながっている。

よく言われているリンカーンの言葉に

「40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持て」がありますが

「人生」は外見に集約されてしまうものですね。

 

でも、もちろん

「今から」変化させることもできます!

5年後、10年後を作るのは今の自分。

自分スタイルを進化させていきましょう。

 

 

会いたいと思われる人になる

一緒に仕事をしたいと思われる人になる

ありがとうと言われる人になる

 

磨いていきたいものですね。

 

 

長々書いてしまいましたが

周りの方の素敵、魅力から学ぶことは多いです。

あらためて、気を引き締め

皆様とのご縁や、一日いちにちを大切にしてまいります。

よろしくお願いいたします。

 

 

ルスリールについて

浜田有里恵について

講座・セミナー

コンサルティングメニュー