想いや魅力をカタチにするサポート

 

 

稲城市の会社、
おぼうさんどっとこむ様の会報誌、巻頭記事インタビュー&文作成をいたしました。

 

 

 

「僧侶派遣」というと、無機質な印象をうける人もいるかもしれません。

今回のインタビューで、
おぼうさんどっとこむに登録されている
薬丸僧侶が、お客様一人ひとりへ心で向き合い接しているエピソード、
おぼうさんどっとこむとの出会いで活躍の舞台が開け前に進めた想いが
言葉の端々に感じられ、一気にお話に引き込まれてしまいました。

尼僧さんの数はお坊さん全体の中では10パーセント程度。
瀬戸内寂聴さんのように有名な方以外なかなか知る機会もありません。

今回のインタビューでは、女性僧侶ならではの視点や感性も感じました。
また、おぼうさんどっとこむさんのビジネスモデルに対して
様々な意見があります。

私自身は林社長のお言葉やこの会社で働く方たちと接する中で
想いのある人が心からの供養ができるようにという精神が流れていることを感じました。

生や死の本質に向き合う時、
このような方たちが傍にいてくださるだけでとても心強い!と感じました。

 

さて、

普段身近ではない僧侶さん、
初対面の方へのインタビューは最初、緊張します。

1時間という限られた時間の中、
お相手と向き合い、ご本人の魅力や想い、未来のビジョンを引き出すことは
お互い真剣勝負です。

インタビューの楽しさは、
お話していく中で
ご本人がご自身の魅力や使命を再確認する瞬間です。

そして、その魅力や想いを再構築して文章にすることは
とてもやりがいがあります。
イメージコンサルの一部だと感じています。

薬丸僧侶やおぼうさんどっとこむ様の想いが、
多くの方へ届いてもらいたいです。