働き方やキャリアと主婦

Polaris 市川望美さんの修士論文発表会!

働き方、キャリアについて考える講座の中で、
参加者の人が『子どもがいて、スキルも経験もない私たちみたいな主婦は、半分しあわせでもありがたいと思わないといけないんです』

その「半分しあわせ」ということば。
そこにモヤモヤを感じた経験をもとに
女性たちが、本当のところ何を考えて、
どのように暮らし、はたらきたいのか?

ライフストーリー分析を通じて、
個人と社会との関係性における課題を考察した内容です。

参加者の皆さん、一言一句漏らさず
真剣に聴き入る雰囲気。
そして、お互いの思いを熱く語り合うシェア時間。
刺激になった発表会でした。

 

✳︎

私も日々、キャリアや転職相談の中で
独身女性から子育中の女性まで、
「本当は◯◯な仕事をしたい」
「◯◯な人生を送りたい」と思いながらも
「自分はこの程度だから。」
「こんなことまで望むのは欲張り、、」と
現実と理想の狭間で悩み、
目に見えない不安と闘っている方に出逢い
なんとか寄り添えないかと試行錯誤しています。

そして、まさに私自身も出産のために離職し、
専業主婦となった後、
それは「自分で選択」したはずなのに
「仕事を続けていたら今頃どうだっただろう?」と
なぜかモヤモヤする経験をしていて、

自分の思いや役割、社会からの圧力の中で悩み
「半分しあわせ」を感じていた!と思い出しました。

その経験があったから…
「自分らしい生き方、はたらきかたは?」をテーマに
現在個人サポートやコミュニティー運営をしている、
そして、
ご縁のある方々の表面に見えている課題の下にある
目に見えない課題やモヤモヤ、
「沈黙のストーリー」をいかに丁寧にすくい上げるか?共有するか?
日々チャレンジしてるんだな。。と自分を振り返りました。

✳︎

安心して語りあえる場と仲間が貴重!
また望美さんや梅本先生、皆さんと語り合いたいなと思います^^