BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 自分らしい仕事・働き方
  4. 「思っていたのと違う」を少なくするキャリア選択のポイント

「思っていたのと違う」を少なくするキャリア選択のポイント

こんにちは。
あなたはどんな一年でしたか?


年末年始は、仕事や家事の手を休めて
「自分に矢印を向ける」いい機会です。

 

「自分に向き合う」とか、「何が大事か考える」
それらは大切
とわかっていても、

後回しにしがち。
そうこうするうちに、5年10年が経ってしまうこともざら。

周りの人は気づいたら。。。と後悔したり。

そんなことが多いかもしれません。

なのでまずは気楽に。


季節ごとや年の節目に1時間、30分でも
ゆったりお茶を飲みながら
自分に問いかけてみましょう。

 


今、私には何が必要?
私は何を大切にしている?
これからどんな仕事をしたい?
誰とどんな人生を送りたい?


これらは「内的キャリア」といって
働くことや生きる上での価値観です。
人それぞれ大切なことは違いますので正解や不正解はありません。
それが軸となって「外的キャリア」(仕事、役割の選択)になります。

履歴書や職務経歴書では、
学歴・資格・どんな会社でどんな職種で何をしてきたか?を記入しますが
その背景、ルーツ、土台になっているのが「内的キャリア」。

そこを意識できるかどうかで
相手への熱意、やる気が伝わってスムーズに望む方向に進んだり
「思っていたのと違う」という場面も避けられます。

逆に意識していないと

経歴や実績の表面的なことに縛られて

「ほんとは違うことがやりたいけど、自分だとこの程度だろう」
「今更〇〇はできないだろう」
と自分で可能性を閉じてしまいます。

実際の転職現場では、、
熱意ややる気でポテンシャル採用も多いですし
条件的には合わなくても、違う採用情報が舞い込んできたりと
単なる条件マッチングだけでない場面も多いのです。

ワクワク感が大切!

「内的キャリア」を見つける質問は

飲食を忘れるくらいつい熱中してしまうことは?
誰から指示されることなくやってしまうことは?
感動した言葉やシーンは?

つい熱くなってしまうこと、、
それらはあなたが大切にしていることと関わりがあります。

逆に、「ムカッとするシーン」や「これだけは譲れないこだわり」にも
大切な価値観が隠れている場合があります。

「普段、決まったことをきちんとやること」や
「無難に失敗なく平和に過ごすこと」に集中していると
本心を置き去りにしていた。。ということも多いです。


内的キャリア(働くことや生きる上での価値観)を確認しておくことで
迷った時の決定基準になったり、
モチベーションアップにもなります。

全ては想い描くままにならない
かもしれませんが、

いずれ来るタイミングや時機を逃さないために
良いチャンスを引き寄せるために



ゆったりとした気持ちで「内的キャリア」を確認して
枠を超えて中長期のキャリアプランを描いてみてはいかがでしょうか?


私にとって今年は大きな転機でした。

母を亡くした喪失感から抜け出すように
藁にもすがる思いであれこれ本を読みまくり
これだ!と思った「キャリアコンサルタント 」の資格。

養成講座でゼロから学ぼうと申し込みしたのが開始の2日前。
それからガッツリ講座に通い
高校生の頃から心理学に興味があった自分を思い出したり
過去のトラウマに向き合ったり
不思議なご縁を感じたり

現在は、自らキャリアチェンジを実践するべく
新しい領域にて
2020年から新しい仕事をスタート予定です。


今までの私のキャリア
自分に向き合い、深める一年でした。
自分とともに、家族とのコミュニケーションも変化することになりました。


何が大事かというと
限られた時間、ご縁を大切に精一杯生きることです。
自分と相手を尊重し、言行一致して生きるです。

また来年もよろしくお願いいたします。

ルスリール のおすすめ講座!

ソーシャルマナー講座 日本マナーOJTインストラクター協会
認定ソーシャルマナー講座

関連記事