BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 自分らしいキャリアデザイン
  4. 子育てしながら働くって大変?すぐできる自分らしく両立する3つのコツ

子育てしながら働くって大変?すぐできる自分らしく両立する3つのコツ

仕事と家庭(子育てや介護、家族との時間)はどちらも大切にしたい。
そう思いつつも実際なかなかうまくいかない。。こう悩む方は多いです。

「0歳から小学生に上がるまではとにかく仕事時間の確保だけでも大変で
自分の時間も持てず、体力的にもヘトヘト。
小学生〜中学生と学年が上がるにつれて仕事にも集中できるようになりましたが
今度は、仕事をもっとしたい!という気持ちと家族との時間の間で苦しいです。」

そんな方がいらっしゃいました。

私、浜田有里恵はR3年度からひとり親の在宅就業支援もしており
一人で子育てや家事をしながら、大黒柱として仕事も頑張っている方のキャリア相談もしてきました。

そこで家庭と仕事との両立に悩んでいる方の何かしらヒントになることを
お伝えしたいと思います。

何のために働いているか改めて確認する

あなたは何のために働いているのでしょうか?
「子どもの教育資金のため」「家計にゆとりをもつため」「旅行や家族との時間を楽しむため」など
さまざまだと思います。

その中でも
一番大切にしたいことは何ですか?

もしお金を早く貯めたいなら、高収入が得られる仕事が優先になるかもしれませんし
少しずつでも貯金を増やしていきたいなら、
家族との時間を優先にして、すきま時間を有効につかえる仕事がいいかもしれません。
また、自分の生活をより充実したものにするために仕事したいというなら、
健康や余暇にも配慮した、働きやすい仕事が向いているかもしれません。

お金を得るためと言っても
その方法(働き方)はさまざまです。

パラレルワークで好きな仕事を組合わせながら
在宅で子育てを中心にしながら
という選択肢も増えています。

「とにかく仕事も子育てもしっかりやらないと」と思ってしまいがちですが
自分は働く上で何を大切にしたいのか?
子どもの成長や自分の年齢、家庭環境と共に変化しますので
改めて 考えてみましょう。

子育てと仕事との両立で苦しい気持ちを聴く

「仕事と家庭の両立はあたりまえ」
「このくらい収入を得ないと」などと自分で思っていると、
自分の内側で感じている苦しい気持ち、不安な気持ちは
なかなか外に表現できず溜まっていってしまいます。

キャリア・カウンセリングをしていると
「両立できないなんて、なんて私はダメなんだろうと責めてしまいます」
「子どもとの時間が少なくて、悪いなと思ってしまいます」
「いつもバタバタしていて効率わるいんです」
「転職ばかり多くて自分は何もできないと感じてしまう」
そんなふうに思う 苦しい気持ちが少しずつでてきます。

「仕事も家庭も大切にしたい!」という方は
みなさん真面目な頑張り屋さんだなあと感じます。

本来は、子育てだけでも、子どもに合わせたり、子どもをケアしたりで
気をつかい体力的にも大変ですよね。

なので、

自分は自分なりに頑張っている

そこを汲んであげてください。

自分の苦しい気持ち、不安や悩みに耳を傾けることで
肩のチカラが抜けて…

「本当は、もっと家族に協力してほしかったのかも」
「職場の人に今の家庭状況を伝えたほうがいいかな」
「ずっと走り続けなきゃと頑張りすぎていたから休もうかな」

と あたらしい気づきが生まれてくることが多いです。

「頑張らねば」と一人で抱えている方、結構多いんです。

あなたはどうですか? 本当は何を求めているのか…
心の声に耳を傾けてみてくださいね。

やってきたこと、できていることに目をむける

 「仕事も 子育ても、家庭のことも、しっかりやらないと」と 頑張っていることを続けていると
ある時 ポキっと折れてしまう場合があります。

燃え尽きてしまうんですね。
もしかしたら
「こうあらねば」 という理想に 縛られていたのかもしれません。

また、雑誌やSNSに掲載されているキャリアウーマンや
昇進していく同僚などと自分を比べて
焦ってしまったのかもしれません。

「人と比べない」

これもよく言われることですが、とはいえ気になってしまいますよね。
そんな時は「他人軸」になっているサインです。

気になる時、
「自分がやってきたこと」「できたこと」に目を向けてみましょう。

これもまた私がキャリア・カウンセリングでよく問いかけることなのですが
すると、「特にないです」と答える方も多いです。

でも何かあるはず。そう話をすすめていくと
結構出てくるんですよね。

結局、自分では当たり前にできているので
気づいていないだけの場合が多いのです。

そもそも「子育てしながら働く」これはできていることの大きな一つです。
他は「仕事の内容で時間配分を行い計画的にスキマ時間を使ってこなす」
「資格の勉強を始めた」「副業をしようと情報収集をおこなっている」
「今後の仕事を考えるためになるべく人と会って話をする」
「子どもたちに食事を手作り」「なるべく子どもたちの話を聴く」
「週に一回は子どもと遊ぶ」などたくさん出てきます。

当たり前のことでも、できている、チャレンジしているって素敵なこと。

今、こうして子どもたちや家族と一緒にいられる時間
仕事に打ち込んだり、スキルを高めていく時間は大切ですね。

あなたらしいキャリアをデザインする上で
あなたなりの得意や経験、やりたいことは資産になります。
できるだけ出してみてくださいね。

まとめ「子育てしながら働くを自分らしく両立するための3つのコツ」

子どもや家族時間と仕事の両立は、キャリアカウンセリングでも必ず出てくる課題です。
子どもの年齢や家族構成、収入はそれぞれの家庭事情がありますし、
求める働き方も多様なので、一概に「こうしたらいい」という正解はありません。

なので

何を大切にしたいか?何のために働いているか改めて確認する

何を優先させたいか、お金なのか時間なのか、子どもなのか仕事なのか
改めて向き合ってみる

子育てと仕事の両立で苦しい気持ちを聴く

何が一番苦しいのか、難しいと感じているのか?自分に問いかけてみる

今までやってきたこと、できていることに目を向ける

頑張りすぎてしまうと燃え尽きたり、体調を崩してしまう場合もあります。
なので今までやってきたことやできていることに目をむけて
自分なりの得意や経験、強みを把握しておくと
人と比べて焦ったり落ち込むことも減るのではないでしょうか?

なかなか一人では難しいなと思う場合は
キャリアカウンセリングや 起業副業相談などを検討してみて下さい。

あなたらしい子育てと仕事との両立 バランスをご一緒に探していきましょう!

ビジネスコンサル

関連記事

メニュー