BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 自分らしいキャリアデザイン
  4. 活動やワクを広げる時こそ大切なこと

活動やワクを広げる時こそ大切なこと

自分ができることで人の役に立ちたい
活動範囲を広げたい
何か新しいことをスタートさせたい
新しい環境で自分を活かしたい
よい影響力を与えたい

キャリアチェンジ、キャリアアップ。。。


新しいことに向かっていこうとする時
大切なことは??


今まで以上に「自分軸」を意識すること。

「自分軸」を意識するというのは、
自分に矢印(意識)をむけることです。



特に
「やる気の時」や、
「思わぬチャンスが来た時」って


情報収拾をしたり
周りの声に耳を傾けたり…

何をすればいいか?どうやればいいか?
ゴールに近い方法はないか?



どうしても
前のめりになって意識が外へ向きがちなのですよね。


あえて
目指す方向や目的を意識しつつ…

「自分へ矢印を向けてみる」。

立ち止まって
自問自答する時間
を作ってみましょう。


なぜ今、それをやろうとしているのか??

問いかけてみる。

私にとって大切なことは…?
何を求めているのか…?
理想の状態は…?

ちょっと立ち止まって
このステップを踏むことで


より力強く、大きな一歩が踏み出せます。

つどつど

「自分に問いかけていく」ことで

・気持ちがトーンダウンした時
・折れそうになった時
・揺らいだ時でも

本来の自分に戻れるようになります。


私は以前、カウンセリングを学んだ先生から
内省の大切さを強調されました。

「人を支援したい、社会の役に立ちたい」
そういう気持ちが強すぎたのか、私には
自分を置き去りにする癖があるようでした。

無意識にネガティブ感情を回避してしまっている傾向がありました。

内省の習慣はなかったところから
(そもそもその言葉自体、初耳状態でした)

少しずつ、内省していくうちに

普段、目の前のことに追われてしまい
「自分については知っている」と決めつけ、
引っかかりがあっても、見て見ぬ振りをしているところがあることに気づきました。


●謙虚に自分を振り返る。
●つどつど自分を俯瞰して、言語化してみる。

そうすることで
痛い部分も発見しました。


一番よかったのは、
自分に落ち着いて向き合えるようになったことで、

ポジティブな感情、ネガティブな感情
様々な感情を感じられるようになり、
ネガティブな感情に以前よりも動じなくなったことでしょうか。

「ネガティブな感情って悪いこと」と決めつけて、
「感じないように」、すり替えたり無視したりごまかしたりしていたことに気づきました。

徐々に

自分の内にある「ネガティブ感情」を認めて、、
向き合うことで(まだまだ研鑽中ですが)
辛い気持ちや悔しい気持ち、悲しい気持ち、
さまざまな感情に耳を傾け
大切にすることができるようになりました。


つづきは、また別の日に書こうと思いますが
これはかなりパワーになります。

人を支援したり、リーダーシップの場においても大切ですね。


自分を受容できる器が大きくなるほど
周りの多くの人を受容できる。

自分を大切にして、自分の軸をもち
「今、生きる素敵さを共有」していく。。
そんな生き方が「自分スタイル」だなと感じています。




関連記事