BLOG

  1. HOME
  2. ブログ
  3. カラー&イメージコンサルティング
  4. 個性を色で表現、自分発見

個性を色で表現、自分発見

個性は人それぞれ。
でも、その個性ってわかりにくい。。


個性をタイプ分類、色のイメージで表現することで、

自分の資質や特性、行動パターンをより深く理解する助けにしたり、
親しい方や仕事のメンバーの傾向を理解して
より良い人間関係やチームワークづくりに役立てることができます。


もともと「個性心理学」は学んでいたのですが、
あらためて色のイメージを使えればパーソナルカラーと関連させたり
他の色彩活用方法もお伝えできるからいいなと思い
日本カラーライトセラピー協会のヒューマンカラーを勉強しました。

ヒューマンカラー診断は、生年月日から本質的な個性色を診断。
いたって簡単ですが、
そのカラーをベースに、カウンセリングしますので、活用は無限大です。

また、チームや組織の構成メンバーのヒューマンカラーを分析することで


自分の立ち位置を知る
苦手や得意なパターンを知り、対策を練る
良好なコミュニケーションのポイントを知る

よりよいチーム作りのきっかけにもなります。


当たる、当たらないではなく
内省するきっかけになりますので深いですね。。


私は、、オレンジレッド
なんと身の回りのほとんどは3分類にして同じ行動的なタイプ。

類は友を呼ぶというように引き寄せているのでしょうか。。


勢いをつけるには同じタイプが必要ですが
チーム作りにはバランスが必要。
正反対のカラーや中間カラーのタイプを配置するとよいですね。


カラーだとわかりやすい。

人それぞれの違いを認め合い、活かし合う
そんな大切さを伝えていけたらと思います!

関連記事